本文へスキップ

398-0004 長野県大町市常盤4729-5 TEL 0261-22-7590

Pet Timesどうぶつびょういんだより

あづみ動物病院は全科診療を基本に、ペットの健康とオーナー様の安心を担うどうぶつ家庭医を目指しています。

雪の危険に要注意      

除雪機
 スピードはゆっくりといえど、近づくのはとても危険です。
 細心の注意を払って運転していても、雪道は視界も悪く死角もあります。
 また、ワンちゃんが避けていてもリードが巻き込まれる恐れもあります。
 お散歩の際はなるべく離れて歩くのが良いでしょう。
                          

雪道のお散歩
 寒い雪道でも、人間と違って犬は平気… なんてことはありません!
 雪の上を長時間歩いていると、ワンちゃんも肉球が荒れてしまったり、しもやけになったりします。
 また、雪の多い地域では道路に融雪剤を撒くこともあるので注意しましょう。
 靴を履かせたり、お散歩の後は濡らした温かいタオルで足を拭いてあげるなど、
 肉球のケアをしてあげましょう。
                           
                 

早期発見が大事!心臓病 

心臓病は生まれつきのものもありますが、高齢になってから起こるものがほとんどです。
最近では10歳以上の犬は30%以上が心臓病であると言われています。
心臓病は咳などの症状が現れてから発見されることが多く、その時には既に心臓病が進行しています。

こんな症状があれば要注意!
  □ 疲れやすい、運動を嫌がる
  □ 咳・苦しそうな呼吸
  □ 食欲低下・痩せてくる
  □ お腹が大きく膨れている
                  

大事なのは早期発見・早期治療!
 いつもより様子がおかしいと思ったら、早めに病院へ受診しましょう。
 症状は出ていなくても、初期の心臓病だったというケースもあります。
 当院では血液検査や心電図検査等がセットになった健康診断を行っております。
 10歳以上のワンちゃんネコちゃんには特にオススメします。
 ご希望の方はスタッフまでお声がけください。

シャンプーの必要性

ワンちゃんは汗を分泌する汗腺が存在しないためほとんど汗をかきません。
汗臭さを放つこともないため、極端に汚れない限り「シャンプーは必要ない」という考えの方もいるのではないでしょうか。
しかし、シャンプーが不要かと言えばそうではありません。

ここで、シャンプーを行う目的を確認していきましょう。
 ・皮膚、被毛の汚れをとる
    皮膚や被毛が汚れたまま放置していると皮膚炎を起こし、痒み、ひどいときは痛みを生じます。
 ・ノミ、ダニの予防
    動物の被毛は温かく、ノミやダニが繁殖しやすい環境です。
    長時間放置していると皮膚炎や、貧血を引き起こす病気になることもあります。

健康的な生活を送るためにシャンプーは必要です。
1~3ヶ月に一度くらいのペースでキレイにしてあげましょう。
自宅でシャンプーを行う際は必ず犬用シャンプーを使いましょう。
人間用のシャンプーは性質が異なるため、逆に皮膚を傷めてしまいます。

動物ナビ(インターネット注文&宅配サービス)

当院専用のインターネット注文&宅配サービスが始まりました。
当院で処方された療法食や、サプリメントを買っている方にご好評のサービスです!

動物ナビとは…動物病院・獣医師管理の下で運営している、インターネット注文サービスです。
       スタッフが細かくチェックしているので、安心してご利用いただけます!

  24時間いつでも注文OK!
   配達日、配達時間も指定できるので受け取りの心配もいりません!
  登録料は無料!
   2000円以上購入の場合は送料無料!
   各種クレジットカードでもお支払いいただけます。
   ※代引きのみ手数料がかかります。
  パソコンやスマホが苦手な人も大丈夫!
   登録方法を細かく記入した説明書をご用意しております。
   また、当院が代理で注文することも出来るので、スマホやパソコンがない方でもご利用できます。
   ※ご利用には会員登録が必要です。                
    詳しくはスタッフまで!                   




あづみ動物病院

〒398-0004
長野県大町市常盤4729-5

TEL 0261-22-7590

FAX 0261-22-8809

http://www.azumivet.com